2011年01月31日

昨日はマラソンでした



1月最終日曜は、勝田マラソンです。
全国から参加者が集まる、一大イベントです。
20年近く前に、勝田市と那珂湊市が合併して、ひたちなか市になりましたが、
マラソンの名前は、勝田のままです。
もうひとつ、JRの駅名も勝田駅です。

  

Posted by ほしいも直売場 at 07:12Comments(0)

2011年01月30日

玉乙女



ほしいも直売場では、無農薬の干し芋作りが、玉豊・いずみに続いて
玉乙女になりました。
良い干し芋になりそうです。
品種によって、その年によって、原料芋の糖化のスピードが違いますが、
この玉乙女は良い感じで糖化しました。
やっぱり原料が良いと作っていても気合が入ります。
  

Posted by ほしいも直売場 at 05:41Comments(0)

2011年01月29日

ミカン



干し芋仲間の庭先のミカンです。10年位前に植えたそうです。
毎年実がたくさん付きます。そして甘いから大したものです。
肥料は何もやらないとのことですから、大もうけです。
けれど剪定はコマメにやるそうです。
やらずぶったくりはないですね。
  

Posted by ほしいも直売場 at 07:43Comments(0)

2011年01月28日

ブロッコリー



次から次にでてきます。
でもそれは土が肥えているからです。
干し芋の皮、正確に言えば、蒸かしたサツマイモの皮や
製品にならないもの、が畑に入っているからです。
ほしいも直売場の仲間のブロッコリーですが、
これ以外にも、白菜や大根もあります。時々頂きます。
  

Posted by ほしいも直売場 at 08:50Comments(0)

2011年01月27日

早い農家



先週干し芋作りが終了した農家の干し場ですが、
あっという間に片付いてしまいました。
つい2、3日前までは、丸干し芋がのっていたのですが。
干し場は作るのは大変ですが、片付けはすぐです。
まだまだ寒い日が続くのに、干し芋作り終了はもったいない感じですが、
仕方ないですね。
それにしても1月で跡形もなしは、やっぱり早いです。
昨秋が不作だったことを物語っています。
  

Posted by ほしいも直売場 at 07:55Comments(0)

2011年01月26日

連日寒いです



低温注意報があたりまえです。
今朝も冷え込みました。
ほしいも直売場の仲間の農家も、
この寒さを利用して丸干し芋作りをしているところが多いです。
2月中旬に仕上がるスケジュールで、
その頃には、平干し芋は終了している感じです。
  

Posted by ほしいも直売場 at 08:31Comments(0)

2011年01月25日

いずみ



干し芋は農産物加工品ですから当然その年の原料芋の出来不出来で、
干し芋が変わります。
今シーズンの特長、玉豊といずみの差が大きいことです。
いずみのできばえが良いですね。
皮をむいた時点で、甘そうに仕上がるのが解ります。
  

Posted by ほしいも直売場 at 08:34Comments(0)

2011年01月24日

長芋15kg



直売場の仲間がたくさんの長芋をくれました。
文字通り「山分け」という感じ。
早速、刻んでそのまま
すってそのまま、
すってマグロのすり身にかけて「やまかけ」に。
まだまだ楽しめそうです。
  

Posted by ほしいも直売場 at 08:38Comments(0)

2011年01月23日

天日干し



雨よけのビニールハウスがない干し場は大変です。
夕方にはスダレを重ねて、フタをします。
朝日とともに、干し直します。
夫婦二人で一時間ほどかかります。
大変なので、ハウスが殆どになりました。
  

Posted by ほしいも直売場 at 08:44Comments(0)

2011年01月22日

イカ



この色にはちょっと引いてしまいますが、
おつまみになるような味でした。
この農家は、10時、お昼、3時とおつまみのようなものをよく作ります。
これらの時間に立ち寄ると、
さすがにお茶とですが、振舞ってくれます。
  

Posted by ほしいも直売場 at 08:16Comments(0)

2011年01月21日

鮭餅



しょっぱい鮭を乗せた餅をご馳走になりました。
しょっぱいけれれど餅と食べるので、餅も鮭も美味しく食べられました。
10時頃に干し芋農家を回ると、いろいろご馳走になります。
  

Posted by ほしいも直売場 at 06:18Comments(0)

2011年01月20日

まき割り機



斧を使うよりもはるかに楽です。
この機械を必要としている人にはありがたいですが、
こんな機械があることすら考えない人が、
圧倒的に多いでしょうね。
田舎でないと見ません。そして田舎の人口はとっても少ないでしょう。
  

Posted by ほしいも直売場 at 07:27Comments(0)

2011年01月19日

雪が残っています



寒いので日陰の雪が融けません。
畑は日が当たるので大抵はすぐに融けるのですが、
この麦はこの時期にしては育ちが良いので、
日陰になって融けにくいようです。
この畑は昨夏メロンを作った畑です。
メロンの後は、野菜等がよく育つのですが、麦の育ちも良いようです。
  

Posted by ほしいも直売場 at 09:20Comments(0)

2011年01月18日

原料芋の保管倉庫



今年はこの時点で残った原料芋は平年の半分位です。
そろそろ干し芋作り終了という農家もでてきました。
この一番寒い時期で干し芋作りが終わるのはもったいないようですが、
仕方ないですね。
やっぱり収穫が少ないことを実感します。
  

Posted by ほしいも直売場 at 08:01Comments(0)

2011年01月16日

西日



ほしいも農家によって干し場は様々です。
東向き(南向き)だと朝から乾いて行きますが、
西向きの干し場だと、午後2時くらいから急に乾く干し場があります。
干し芋の収穫の時間は農家によって異なる理由のひとつです。
  

Posted by ほしいも直売場 at 07:08Comments(0)

2011年01月14日

ハウスの種芋



昔ほどではないにしていも種芋を腐らせてしまうのは、
死活問題です。
ほしいも直売場では、定温倉庫とビニールハウス内の2箇所で、
種芋を保管しています。
ハウスの方が、ここのところの寒さで心配です。
朝は温度計とにらめっこです。
マイナス5℃以下の日もあります。
稲わらとモミガラとハウスでどこまで保管できるでしょうか。
  

Posted by ほしいも直売場 at 08:32Comments(0)

2011年01月13日

干し芋霜降り



肉の霜降りのようなので、そう呼んでいますが、
こちらは文字通り、寒すぎて凍ってしまった霜降りです。
毎年一番寒い時に起こる現象です。
寒に入っての寒さは例年以上です。
もしかしたら今年は春が早いのかもしれません。
  

Posted by ほしいも直売場 at 06:44Comments(0)

2011年01月12日

干し芋の蒸かし



今年の蒸かしは難しく、いまだに試行錯誤です。
基本はゆっくり、これは決まり。
問題はどれ位の長さで、いつ蒸気を強くするかです。
原料のサツマイモもだいぶ寒に当たっているので、
蒸気の按配を変えながら蒸かしています。
  

Posted by ほしいも直売場 at 07:52Comments(0)

2011年01月10日

芋洗い機



芋洗い機は洗った後に「大・中・小」への選別機がセットです。
洗うブラシは消耗品なので、ここの干し芋農家はそこの部分を、
機械ごと取り替えました。
綺麗になりすぎて皮まで剥けてしまいます。
なかなか上手く行かないものです。
  

Posted by ほしいも直売場 at 07:49Comments(0)

2011年01月09日

新しいボイラー



たくさんの干し芋農家をお付き合いをしていると、
シーズン中のボイラーが故障、取替えという家が1~2軒あります。
なにしろ蒸かす準備をしておいて突然壊れるというのがパターンです。
だから「すぐに持ってきて」となるのですが、
欲しいボイラーの在庫があるとは限らないのが現実です。
この家も「200」が希望でしたが、「100」しかなくて仕方なく「100」を
入れました。
それに伴い電源を改良になったそうです。
仕方ないですね。
  

Posted by ほしいも直売場 at 08:51Comments(0)