2011年03月10日

なごり雪



ほしいもの干し場は日当たりの良いところがベストです。
ほしいも直売場は、干し場と建屋の配置に余裕がないので、
どうしても日当たりが悪い干し場ができたしまい、
こうして雪がなかなか解けない所があります。
その干し場は、冬場は緊急時に使用しています。

  

Posted by ほしいも直売場 at 07:39Comments(0)

2011年03月09日

雪で心配なのは



ほとんどの干し芋農家は、干し芋の加工が終了どころか
片付けも終わっていますが、
ほしいも直売場では片づけが途中です。
雪で心配なのはハウスです。
雪は重いのでつぶされてしまうからです。
昨日も大雪で一時かなり積もったのですが、
割と早くから雪が滑り落ちてきたので、
今回も事なきを得ました。
  

Posted by ほしいも直売場 at 07:26Comments(0)

2011年03月08日

思いがけない大雪



降り始めは雨だったのですが、
10時ごろから雪に、その後本降りに。
そして昼をピークに気温が下がるという一日でした。
昨年は雪が多い年で、それに比べて今年は、
干し芋加工時は晴天続きだったのですが、
終わってみれば雪もよく降りました。
そして積もるときは大雪とおいう年でした。
まだ降るかもしれませんが。
  

Posted by ほしいも直売場 at 07:45Comments(0)

2011年03月07日

春の畑



年に一度、深堀しておくとサツマイモの育ちが良いようです。
サツマイモの栽培とほしいも作りのスケジュールから、
深堀するタイミングは、干し芋作り終了・片付け後から
苗床を作る前の今頃になります。

この深堀をする干し芋農家は結構多いので、
この畑が干し芋産地の春の畑のイメージです。
  

Posted by ほしいも直売場 at 06:00Comments(0)

2011年03月06日

干し場の白菜



思えば11月に干し場作りの時も育てていました。
冬の間少しずつ鍋にも入れて食べていましたが、
その名残りです。
この干し場は苗作りに使いますので、この白菜もそろそろ収穫です。
干し場が苗床になるのと合わせて、
自家製白菜が食べ終わることで干し芋シーズン終了を感じます。
  

Posted by ほしいも直売場 at 09:11Comments(0)

2011年03月05日

干し場の片付け



干し場は作るのは気を遣いますが、
片付けは早いものです。
意外と手間取るのが、下に敷いていた稲わらです。
これは、この後畑でも使うために、
揃えて束ねて雨に当たらないようにしておきます。
  

Posted by ほしいも直売場 at 07:39Comments(0)

2011年03月04日

スダレとスダレの網



一昨日で全部の干し芋が乾きました。
やっぱり終わると「ホッと」します。
片付けの中で一番手数が多いのは、スダレの網です。
スダレは一日の生産量の最低7日分はそろえます。
その上に敷く網は、その2倍はそろえます。
この2点をしっかりと洗ってしまいます。
  

Posted by ほしいも直売場 at 07:24Comments(0)

2011年03月03日

種芋の管理



冬はとにかく寒くならないように、
それだけを心がけます。
温かくなってくると、寒すぎず暑すぎずです。
ここのところの寒暖差が大きいと神経を使います。
暖かい日は外気を入れますが、
今日のように冷え込む日は、真冬なみの管理です。
  

Posted by ほしいも直売場 at 07:22Comments(0)

2011年03月02日

丸大根



冬の間畑にほったらかしにしておいたから
美味しくなっています。
温かい寒いが交互のほしいも産地のこの頃ですが、
まだまだ鍋が美味しいので、丸大根が活躍しています。
  

Posted by ほしいも直売場 at 06:52Comments(0)

2011年03月01日

一足早い啓蟄



ほしいも直売場の事務所は、
夏になると虫がたくさんいます。畑の真ん中なので仕方がないのですが。

冬には潜んでいた虫(クモ)を見かけるようになりました。
クモがいるのだから虫も活動を始めたのでしょう。

ちょっと早い啓蟄です。
  

Posted by ほしいも直売場 at 07:11Comments(0)